TOPICS

#Topics Volume144

鋼矢板の調査をしています。矢板は本来、構造物を支えて守ってくれる存在です。

最初はギラギラの鋼材も、長い年月が経つと空気中の不純物を含んで錆が浮き出たり、大きな穴が開いたりします。

 

矢板に大きな穴が開くと還沒などを引き起こして構造全体に影響を起こすので、早めの対策が肝要です。人の命に関わることなんで、変状のジャッジは厳しめにする必要があります。

 

グラインダーで削ってもダメなくらいに腐食が激しい場合は、最悪の場合、壊してしまって新設する必要が出てきます。

note↓

https://note.com/zo_image_ltd/n/n1ed40f47e862

【 Category】